HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトコラム-column-  »  レビュー2.『リンカーン』
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リンカーン [Blu-ray]リンカーン [Blu-ray]
(2014/02/05)
ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド 他

商品詳細を見る

タイトルそのまま、
米国の第16代大統領エイブラハム・リンカーンに関する映画です。

世界史を取った経験がない自分でも彼が偉大な人物だということは知っています。
「人民の人民による人民のための政治」という言葉は民主主義の指針であり、
日本でも有名ですね。
当然、義務教育の間に一度は習います、ですよね?(;・∀・)

今作では南北戦争終結までの道のりを
奴隷制度に関する修正第13条と絡めて
リンカーン大統領が如何にして乗り切ったか、
リアルに表現しています。

内容については以上。

以下、感想

リアリティへの妥協を許さない姿勢が半端じゃない。

監督はスティーブン・スピルバーグ。
ここも重要なんだけど、これだけでは収まらない。

俳優陣は自分の役に関する書物を読み、
減量はするわ、増量はするわ、実際に生活していた場所を訪ねるわ…
現場では私語を慎むように、と初日に一言監督に言われただけで、
それを厳守する誠心誠意な対応。

スタッフ陣は当時のディテールを再現しようと、
パキスタンだかチンギス・ハンだか知らんが、
「レースの長さがちょっと足りないから」
と異国に注文をかけるわ、
「南部の州で事が起きていたから」
と州知事に撮影を交渉して
おまけに実際に使われている議事堂の使用許可もらってくるわ、
「ホワイトハウスに似せたいから」
と柱をぶち立ててペンキを塗りたくっちまうわ…

俳優陣だけに言われてるのに彼らも撮影現場ではほとんど沈黙を守ってたなんて、
なんて真摯な対応。(二回出ちまったよ( ̄▽ ̄))

「皆、この物語やリンカーンに対して敬意を抱いていたんだ。」
とスピルバーグ監督はおっしゃってましたが、
その製作側の真剣さが今度は
視聴者(主に自分…いや、きっと他にもいるはず|д゚)チラッ)
に敬意を抱かせる形になりましたな。

リンカーンが素晴らしい人物なんてことは既に自明の理で周知の事実です。

自分はこの映画でリンカーンに対する知識が深まったとともに、
素晴らしい作品を作り上げる製作者の姿勢を学ぶことができました。

舞台裏を知れる特典映像もこってり見てたら3,4時間は潰れるんですがねw


感嘆せずにはいられない。
そんな作品でした。
メン・イン・ブラックシリーズやBOSSのCMで有名なトミー・リー・ジョーンズも出てます。

当初なんでこんな大物がこんなのに出てんだ!?と驚いたもんですw
『リンカーン』では格好良い名脇役ですよ(`・ω・´)ゞ
Relate Entry
Comment
15
花笛です(*´∀`*)
細部までのこだわりと私語を慎むほどの真剣さ……本当に、リンカーンのことを心から尊敬しているですね。

すごいなぁ……(*´∀`*)

BOSSの宇宙人シリーズ、見る度に笑ったりじんって来たりしていましたが、大物だったんですね。知らなかった……(((゜Д゜;)))

16
Re: 花笛です(*´∀`*)
こんばんは~( ・∀・)ノ
コメントありがとうございます(^人^)
と、返しが遅れて申し訳ありませんm(_ _)m

> 細部までのこだわりと私語を慎むほどの真剣さ……
> 本当に、リンカーンのことを心から尊敬しているですね。

彼以外にも歴代の米国大統領は敬われ、愛されている人が多いですよね。

何故か?と考えるんですが…

よく日本と比べてみます。

日本の総理大臣も頭脳では負けてないと思うんですよ。

何が足りないかと言ったら…
「愛想」かな~?と。

※個人的な意見ですよ?

別に媚びへつらえとは言ってませんが、
言葉遣いや表情、態度がおざなりすぎる気がするんですよね。

一般の国民はテレビくらいでしか見ることが叶わないのに、
笑顔はカタいわ、口下手だわ、
なら黙ってりゃいいのに失言はうっかりしちゃうわ…

嫌われキャラを気取ってるのもいましたが、
「任期を全うして公約を果たす」
ってのは当たり前のはずなのに、
その当たり前のことが出来ずに終わるんだったら意味がない。

良い意味で印象に残ってる総理大臣って自分にはいないんですよね。

安倍さんもきな臭くなってきたし、どうなることやら…
ぶっちゃけ二度目ってことで最初から期待はしてませんが…

対して米大統領は喋りも上手(分かりやすくて名言にしやすい)だし、
所作一つ一つに国民に対する愛が感じられます。
愛国心からくるものでしょうかね?
営業スマイルかもしれませんがw
まあ、それで人気があるから任期(不可抗力ダジャレ…)を無事に終えられるし、
何かしら成し遂げてることができています。

だから尊敬されているし、
逆に何も成果を上げていないのに尊敬しろ、ってのは無茶な話ですよね。

> BOSSの宇宙人シリーズ、見る度に笑ったりじんって来たりしていましたが、大物だったんですね。
知らなかった……(((゜Д゜;)))

今作でも大物っぽい彼にしか務まらないような役やってますよw

17
花笛です(*^^*)
こんばんは!

私も返信が遅れること、よくありますよ(*^^*)
携帯開いたら、6時間前に友達からメールが来てたとかしょっちゅうで(おい)

>彼以外にも歴代の米国大統領は敬われ、愛されている人が多いですよね。

総理大臣が国民に慕われるって、日本ではあまりないですもんね。
ていうか、私の記憶の中では、一人もいないような……。
逆に、アメリカの大統領の方が名前知ってるかも(笑)


>安倍さんもきな臭くなってきたし、どうなることやら…

安倍総理は、正直嫌いですね。
二回目っていうのは特に何とも思ってないのですが、TPPにしろ、4月からの増税にしろ、国民の声を無視してるっていうか、強引っていうか……

優柔不断だったりスキャンダルだらけだったりするのも頂けないですが、国民に大きな打撃を与える強引さは一番腹立ちますね。

……あ、いつの間に安倍さん論になってました(๑≧౪≦)てへぺろ


>対して米大統領は喋りも上手(分かりやすくて名言にしやすい)だし、
所作一つ一つに国民に対する愛が感じられます。
愛国心からくるものでしょうかね?
営業スマイルかもしれませんがw

どっちもあると思いますよ。独立戦争を経て国を築き上げ、大国に成長したアメリカですから、強い愛国心が根付いているんじゃないかと。

だけど、大統領も人間ですからね(^ ^)

笑いたくない時もあるでしょうが、それでも笑うんでしょうね。愛国心が強く大統領への関心が強いアメリカでは、メディアの前……つまり国民の前での笑顔や愛想、ユーモアはとても大切にしている。国民から好かれようとしているわけですからね。上に立つ人には、必要な要素だと思います。


日本の総理大臣にはそういうの、ありませんからね。ずっと同じ顔で、自分の考えだけを自分勝手に言ってる印象があります。

自分がどんな目で見られているんだろうっていうのを考えていない気がしますね。国民の目なんてどうでもいいって言うのかな……。

アメリカの歴代大統領を見習って欲しいものです。



>今作でも大物っぽい彼にしか務まらないような役やってますよw

コーヒーのCMのイメージしかないものですから、想像付きませんねぇ。
今度、見てみようかな(*^^*)

18
Re: 花笛です(*^^*)
> こんばんは!
はい、こんばんは( ・∀・)ノ

> 私も返信が遅れること、よくありますよ(*^^*)
> 携帯開いたら、6時間前に友達からメールが来てたとかしょっちゅうで(おい)

ありますねw
いや、でも今回のはちょっと自分の不注意と怠慢で…(・・;)w
実はコメント頂いた当日に返しは書いてはいたんですが、
PCの再起動が来やがってくれましてですね(# ゚Д゚)/

その時書いた返しが良かったのだけは覚えてたんで
ダメなのを何度か手直しして今に至りました、
良いか悪いかは別にして…(∀`*ゞ)エヘヘ

> ていうか、私の記憶の中では、一人もいないような……。

自分は1人いますね、キムタク。←cf.ドラマ『CHANGE』

> 二回目っていうのは特に何とも思ってないのですが、TPPにしろ、4月からの増税にしろ、国民の声を無視してるっていうか、強引っていうか……
> 優柔不断だったりスキャンダルだらけだったりするのも頂けないですが、国民に大きな打撃を与える強引さは一番腹立ちますね。

多少の強引さは必要ですが、
確かにリーダーシップを履き違えてるのかな、とは思いますね。

そして誰もそれを止められないことに驚きます。

野党とは、二院制とは、すなわち国会とは何だったのか?

反発して欠席。
なんて幼稚なことをしていた国会議員さんたちは
指を加えて眺めているだけだったり、
駄々をこねて泣き喚く、ただの赤ん坊なのか。
小学生の方がまだマシな議論を交わしますよね…(´・ω・`)

とにかく双方が納得いくところに
落ち着かせるための具体案が何もないのに
ギャアギャア喚くのだけは見苦しいし、
時間の無駄なのでやめてもらいたいですね。

今日(昨日)の国会中継も見るに耐えなかったので、
バナナマンの設楽さんの番組待ってましたよ。
こっちも「掃除ができない親」に変わると
TV切っちゃってPS3で映画見てましたけどねw

> 今度、見てみようかな(*^^*)

是非是非。
BOSSのキャラは
多分『メン・イン・ブラック』から引っ張ってきた感じなんでそっちも見てないならオススメですね。
SFにありがちなキモい描写けっこうありますけど、それに耐えられるなら…w

Trackback
Comment form
最新情報~news~
カレンダー~calendar~
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

タブ~tab~
コメント トラバ リンク
足跡カウンター~footmark counter~
時計~clock~
プロフィール~profile~
※カーソルを合わせると止まります。

SHUN

Author:SHUN
20代前半、♂ 
その他の情報は自己紹介にて。

そして、ようこそ!!
退廃的人生の終着点へ(。-人-。)

当ブログは私こと、
SHUNが作家を目指す奮闘記仕様となっております。

もし気に入って頂けましたら、
Bookmark登録、ブロとも申請等々、
お待ち致しております(´∀`*)ウフフ

年明けの改造の件について。
試行錯誤の結果、
理想のレイアウトに近づいてきました。
ですが、記事の簡略化、
改行位置の見直し、
長い記事のレイアウト崩れ等、
問題は山積みです(´・ω・`)
HTMLに詳しい方、
アドバイス下さるとすごく助かります。

ともあれ、
当ブログへのリンクは
フリーとさせて頂きます
☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

ただ…
記事に関しては転載される場合、
まずはご一報ください。
著作権は放棄しておりません。
Googleさんに
認証もしてもらいました(`・ω・´)ゞ

ちなみに
冒頭「某ピンク色の~」は個人的に
こっち(Wii)よりも
こっち(SFC)

プラズマは超強かった(人´∀`)

ツイッター~Twitter~
ブロとも~my blog's friends~
ブロとも申請~be blog's friend~
メール~mail~

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら


PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。